Loading...
image description

動画

CaféX Chime で、どんなブラウザ内でも摩擦のないコラボレーションを

現在使われているビデオ会議システムの数分の一の費用で、あらゆるビジネスユーザー向けに対面型のチーム作りを提供します。それに関する紹介動画をご覧ください。Chime は、最先端の会議室システムにも PC 会議システムにも接続可能です。ソフトウェアのインストールは不要で、あらゆる種類のブラウザ上で安全にすべてのユーザーに接続することで、WebRTC のオープンプロミス(実現されていない約束)を実現します。

CaféX Supervisor Assist で、どんなブラウザからでも、顧客との通話中に、エージェントの遠隔コーチング可能に

CafeX の使用によって、コンタクトセンターの業務を改善できます。スーパーバイザーはどんな Web ブラウザからでも直接、エージェントと顧客の通話中にリアルタイムでその会話を聞いたり、観察したり、エージェントとインタラクトすることができます。それに関する紹介動画をご覧ください。

CaféX Live Assist で、銀行の顧客のオンラインサービス満足度がアップ

銀行では、モバイルアプリや Web サイト内で顧客とライブビデオで対話し、顧客満足度を高めることができます。それに関する紹介動画をご覧ください。銀行の担当者は顧客とのブラウザの共有、注釈の書き込み、ドキュメントの共有ができるので、顧客からの質問にこれまでよりもスピーディに答えることができます。

CaféX Live Assist で保険会社のクライアントへの対応がスピードアップ

保険会社では CafeX Live Assist を使うことで、顧客の問題の解決のスピードアップが実現できます。それに関する紹介動画をご覧ください。企業のエキスパートは、モバイルアプリや Web アプリ内のブラウザ画面共有やビデオチャット等を使って、顧客とすぐにコネクトすることができます。

CaféX Live Assist で、ほぼどこからでも、対面の医療サービスが可能に

医師が在宅患者と対面でインタラクトすることが可能です。それに関する紹介動画をご覧ください。CafeX Live Assist により、医師と患者の間でドキュメントを共有し、アプリ画面上や Web ページ上に注釈を書き込んだり、または患者のフォーム記入を手伝ったりすることができます。

JurisLink と CaféX により、法律サービスの時間と費用を節約

JurisLink では、CafeX のビデオ会議と WebRTC テクノロジーを利用しています。これにより、弁護士は離れた場所にある矯正施設内に収容されている受刑者と簡単にインタラクトできるため、1 回の面会で最大 10 時間分のコストを節約できます。

デジタル・ディスラプション(デジタルの創造的破壊)の時代がやってきました。あなたの会社は準備できていますか

Fortune 500 の企業のうち 40% が主にデジタル・ディスラプションの脅威により、10 年以内にその存在がなくなっているでしょう。モバイルカスタマーエクスペリエンスがブランド差別化の大きなカギとなりつつあります。あなたの会社は適応できますか。破壊するか、破壊されるかなのです。

CaféX のモバイル・Web 用に最適化されたオムニチャンネル・エンゲージメント

企業の Web サイトやモバイルアプリ内をブラウジングしている顧客があるエージェントと Web チャットをしている時に、そのチャットセッションを見ている別のエージェントがアプリ内ビデオでその顧客とブラウザを共有し、ファイルの送信や画面への書き込みなどが可能になります。それに関する紹介動画をご覧ください。顧客のコンテキストはチャンネル全体およびエージェント全員で保存されるため、カスタマーロイヤルティが高まり、ネットプロモーターのスコアが高くなります。

CaféX は「トゥギャザー」を実現します

人と人が一緒に協力すると何が起こるでしょう。理解が深まり、可能性が広がります。「トゥギャザー」はビッグアイディアであり、CafeX はこれに情熱を注いでいます。「トゥギャザー」が機能すれば、可能性は無限大になります。弊社は実際に直接会っているかのような自然さで、なめらかな広範エクスペリエンスを作り出しているため、人々はつながり合い、自分自身を表現し、関係を構築し、これを維持することができます。CafeX は「トゥギャザー」の作り手であり、促進者であり、触媒なのです。

CaféX 「ベストオブエンタープライズ2016賞」を受賞

CafeéX は、コラボレーション業界の最高峰イベントで 3 年間で 2 度、「ベストオブショー」賞を受賞しました。Chime はコストや相互運用性、使いやすさにおける問題をなくして、企業内全体にコラボレーションを行き渡らせることができます。