Loading...
image description

CaféX オムニチャンネル連携

すべてのチャネルでのエクスペリエンスを合理化し、カスタマージャーニーの一貫性を実現します。

オムニチャネル・コンテクスト

モバイル機器、Web、チャット、IVR、ビデオ、音声等のインタラクションポイント間に架け橋を作ることで、オムニチャネルでの顧客満足を実現します。どんな顧客か、どんなコンテンツをこれまでに閲覧しているか等、顧客情報を記録・保存することで、購買者と継続的な関係構築を実現します。

動画を見る

IVR バイパス

CaféXのIVR Bypass により、通話料無料の着信課金コールや、わかりにくい音声メニューを刷新します。顧客はモバイルアプリや Web サイトから通話ボタンをタップするだけで、顧客情報、ロケーション、Web サイトの閲覧履歴等のコンテクスト情報を使って、IVR を迂回し、適切なスペシャリストに通話がつながります。

デモをリクエストする

コールバック

顧客は、担当者につながるまで待つ必要がなくなります。顧客はアプリを使って、至急の折り返し希望か、折り返しの希望時間を指定するかを選択することができます。顧客が電話口で待つ場合は、何番目に待っているかや予想待ち時間等の最新状況が伝えられます。CaféX のコールバックは、主要なコンタクトセンターで使用されています。

販売部門に問い合わせる

ビジュアル IVR

自動音声応答に代わり、顧客は CaféX のビジュアル IVR を利用することで、すばやくサービスにアクセスすることができます。インターフェイスやデバイス要件に応じたスタイルシートを使い、企業側の既存の自動音声応答 (IVR)、音声 XML フォーム、メニュー、プロンプト、選択肢、音声エレメントを、ユーザーのモバイルアプリや Web アプリ内に表示します。VXML 等のデータソースが、リアルタイムで動的ユーザーインターフェイスに変換されます。