Loading...

HD ビデオコミュニケーションの神話

Kevin Glass By Kevin Glass
3月 29, 2016

コラボレーションにおいてはビデオの使用について多くの神話が存在します。なかでも最も信じられているのが高解像度(HD)ビデオの必要性です。コラボレーションでビデオを使用する主な理由をリストアップすることで、ビデオの使用について考えます。

Screenshot of Chime

1) ビデオはコラボレーションチームの絆を深めるのに役立つ - 顔を見ることで、実在する人物に話していることを忘れずにいることができます。顔を見ることでチーム メンバーをより知ることができます。

2) ビデオはボディーランゲージや表情を読み取るのに役立つ - コラボレーションとは互いを理解することです。ビデオが無いと、現実の対話で交わされる多くのビジュアルキューを見ることができません。

3) ビデオにより積極的に関与する - 音声のみの場合、ミュートボタンがあることで音声をオフにして別のことができます。一方ビデオ会議では、注意をそらしたり並行して別の作業を行った場合、明らかに他の人にもわかります。

4) ビデオにより、話すよりも見せることができる - アイテムやアーテファクトをチームメンバーに表示できることが非常に便利な場合があります。 

これらがビデオをコラボレーションに利用する主な理由であるとすると、その中で HD ビデオが必要であるのはどれでしょう。HD ビデオが役立つのは、ビデオフィードで何らかの詳細を示したいときだけのようです。それ以外はリモートパーソンがリアルに感じることがより重要で、これらのケースでは、解像度よりもフレームレートの方が重要であるようです。

考えてみてください。高解像度の動画ストリームであなたの顔を流したいですか?良い印象を与えたいミーティングには適しているでしょう。しかし日常のコラボレーションにおいてはそれを望んでいません。

高解像度ビデオを扱うことはできますか?はい、できます。誰でもできます。しかし帯域幅がより必要となり、CPU がより高価になります。ではなぜ実装するのですか?ピクセルが多いほど良いと、消費者およびビジネス関連の広告で教えられたからです。最新かつ最高のものが高解像度であると教えられましたが、これらはほとんどのケースにおいて、実際に我々のエクスペリエンスを改善しているわけではありません。 

 ではビデオコラボレーションで我々が望んでいるものは何でしょうか?

1) 常に一度目で成功させる - フリクションなしでコラボレーションしたい。

2) 簡単かつ迅速にする - 遅れることなくコラボレーションを開始したい。

3) 誰でも利用できるようにする - 必要な人物のすべてとコラボレーションできるようにしたい。

4) 最も重要なこと - ビデオを使用するが、上記のいずれにも妥協しない。

私は少なくともそう考えています。自由にコメントして、あなたの考えをお聞かせください。

広範なビデオコラボーレションに関する詳細は、以下の Nemertes レポートをダウンロードしてください。