Loading...

21 世紀におけるバンキング ― ビデオと Web のコラボレーションがどのようにゲームを変えるか 「Banking in the 21st Century--How Video and Web Collaboration is Changing the Game」

Gethin Liddell By Gethin Liddell
3月 4, 2016

HSBC は自社のモバイルアプリにおいて、生体認証による署名機能をリリースしました。広く報じられているように(IBTBBCFT...)、HSBC モバイルバンキング・アプリケーションに指紋技術や音声認識を使ってログインできるようになりました。

 

パスワード、特に我々人間が選ぶパスワードは安全性に欠けると長い間考えられてきました。よくある問題に、サイトやサービスごとにパスワードが異なるため、使用すべきランダムな文字列すべてを覚えられないことがあります。そのため多くの異なるサイトに同じパスワードを使用したり、覚えやすいパスワードを使用したり、1 つのパスワードで保護されたパスワードマネージャーにパスワードを保存するなどの手段をとります。これらはそれぞれ違った面で適切ではないのですが、他にソリューションがありません、これまでは。

 

デバイスで指紋技術が使われるようになったことで、銀行業界は顧客によるパスワードの正しい利用方法に依存するよりも、これらの生体認証技術をより安全でセキュアなメカニズムと考えています。HSBC は生体認証技術を導入しており、それ以前にも Barclays が 2014 年からビジネスカスタマー(FTBBC)向けに指静脈認証技術を活用しています。

 

バンキングは明らかに 21 世紀に進んでおり、セキュアで便利な、より優れたサービスを顧客に提供するために、新たな技術を採用してしています。これはコミュニケーションセクターやコラボレーションセクターでも見ることができます。

 

CafeX Communications は過去数年間さまざまなグローバル銀行と提携し、ビデオ電話や Web コラボレーション技術が過去数年間で採用されるという約束を果たし、これらの銀行とそれぞれの顧客との距離を縮めてきました。

 

弊社は、米国からヨーロッパ、そしてアジアやオーストラリアまで世界中の銀行セクターと提携し、顧客が銀行に出向くのではなく、銀行がバーチャルに顧客に到達するのを支援しています。銀行とのリモートコミュニケーションやリモートコラボレーションを可能にすることで、ローンの借入要件、投資基準、口座開設、あるいは取引に関する紛争について、都合の良いときに快適に感じられる場所で話し合うことができるようになります。

 

 

銀行は 21 世紀に進んでおり、弊社はそれをサポートしています。